東京天竺とは、文化学院小説ゼミの有志で始めた同人誌。小説やエッセイ、漫画などを掲載。詳しくはカテゴリ『東京天竺1号』『東京天竺2号』ご覧下さい。


by tokyo_tenjiku

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

勝手にロックンロール二回目の更新です
 さて、なんの気はなしにこのコーナー名を勝手にロックンロールとしたのですが、ヤフーで勝手にロックンロール、と検索するとイナズマ戦隊というグループがすでにそういうタイトルのCDを出していました。ごめんなさい。
 ではでは、前置きはこれくらいにして、小説をおたのしみあれー。
  (一部、前置きと形式を変更させていただきました。以前は曲名とグループ名、その歌手についての高橋の思い入れなどを最初に提示する形式をとらせていただいていたのですが、あまりにも個人勝手な趣味である事で読者を選んでしまっているようなところがあったため、今後は小説の最後に曲名や歌手名を発表する形をとらせていただきます。小説自体に、私自身のオリジナルのタイトルをつけていきます。歌手名にピンとこない方でも純粋な短編小説としてお楽しみいただければ幸いです。)

More
[PR]
by tokyo_tenjiku | 2009-05-27 12:38 | 勝手にロックンロール

雑記二

こんにちは。

先週の木曜日、ナカゴー『山など』に行ってきました。今回は、ひとつの演目をずーっと上演する訳ではなく、全部で四つの演目(『山』、『告白』、『日曜日』、『短いの七つ』)をそれぞれ違う時間帯や日によって上演していくものでした。私は、その中のひとつ『短いの七つ』に行ってきました!その名の通り、短い話が七つ上演されます。これは、いつも脚本を書いている鎌田順也さんのお友達がほとんど作・演出を手がけていて、ジャンルも様々。初見の方でもそうじゃない方でもおそらくどれかは必ずツボに入ると思われます。次回公演は未定ですが、次も絶対行きたいと思います。あと、ナカゴーはHPがとても凝っていてるので、ぜひご覧下さい!天竺もHP作ったら、あの位のクオリティを実現したいです。

漫画の話、福満しげゆきさんを紹介しようと思ったのですが、自分の中で愛が溢れすぎて言葉がまとまらず…。好きなものを、もっと色んな人に知ってもらおうとすると、それに対しての愛がありすぎると第三者から距離をとられかねないし、バランスが難しくて…。でも、必ず書きますから!待ってて下さい。

とりあえず、手元にある福満しげゆきさんの『うちの妻ってどうでしょう?』の写真。初めて福満さんの描いた女性に触れた時、みんな必ず妻に萌えるか、女性キャラがエロイと感じると思う。

e0155266_17353133.jpg

[PR]
by tokyo_tenjiku | 2009-05-25 17:39 | 雑記

雑記

こんにちわ〜。
東京天竺2号へ向けての話し合いは続いております。
最近、私は漫画で、上野顕太郎さんの『夜は千の眼を持つ』『星降る夜は千の眼を持つ』を買ったのですが、その中で、よくファッション誌に載っている胡散臭い宣伝広告のパロディで(これを持てばモテる!金が入る!人生変わる!的なやつ)その漫画が連載していたコミックビームの宣伝をされていて、これはまさに東京天竺でずっと前にやってみたい!と話題になっていた事だったので、ビックリしました。しかもとても細かい所までしっかりと設定されているのです。

上野さんの漫画に関してだけではなく、色々な事に共通する気がするのですが、自分が斬新だと思う事は先人の方達によって結局やられていて、案外新しいものではないのかもしれない。でも、その先人が築いた時間よりも後にその方法(発想?)で行こうと思った時、やはり時間が流れていればいるほど、後の私達の方が様々な取捨選択ができ、それを組み合わせたりできると思うんです。そういう事によってまたちょっと違う”新しい”が現れて…また後の人々が組み合わせて作って…と考えると、自分の知らない先の時間の壮大さを感じて、少し怖いようなでも覗いてみたい様な不思議な感覚に囚われませんか?(私だけか)
あと、ちょっと違う”新しい”が増えれば増える程、情報が細かくなっていって、さらにその先の”新しい”を求める人々がなんだか大変そう…と思ったり。
まぁ、新しければいいという訳でもないんですけどね〜。

あ、ちなみに私はさっき紹介した漫画の中では、サチコと友シリーズが好きで、時々リアルすぎて胸が苦しくなります。ぜひ!

6月にビッグなニュースが入ってきます!
あとブログ頻繁に更新します!次も漫画の話です!そこに東京天竺の新たな動きが見えるかも!ではではあさってくらいにお会いしましょう〜。

e0155266_11502881.jpg

[PR]
by tokyo_tenjiku | 2009-05-21 11:57
 こんにちは。暑かったり、寒かったり、白熊も、サバンナも、がんばりどき、な今日この頃に、新しく更新です。本日更新した理由はですね、以前(3月23日)新企画として紹介した、ブログde小説の第一弾をとうとう始動させてもらうことになりました! やっほーぃ。その名も勝手にロックンロールです。

 このコーナーは東京天竺編集部の1人、五万人は同姓同名がいそうな気配の高橋啓佑の好みによって独断で選ばせていただいたロックンロールな曲(主に邦楽)を、短い小説にしてみよう、というコーナーです。音楽の雰囲気やイメージを高橋なりにインプットして、小説としてアウトプットするつもりです。完全に高橋個人のイメージですので曲を知っている人はこんなんじゃない! と思うかもしれません。それはそれ。高橋は高橋、というかなり自分(高橋)勝手に書いていきたいと思っています。隔週連載です!

 気になった方はMoreをクリック!
 (一部、前置きと形式を変更させていただきました。以前は曲名とグループ名、その歌手についての高橋の思い入れなどを最初に提示する形式をとらせていただいていたのですが、あまりにも個人勝手な趣味である事で読者を選んでしまっているようなところがあったため、今後は小説の最後に曲名や歌手名を発表する形をとらせていただきます。小説自体に、私自身のオリジナルのタイトルをつけていきます。歌手名にピンとこない方でも純粋な短編小説としてお楽しみいただければ幸いです。)

More
[PR]
by tokyo_tenjiku | 2009-05-13 15:18 | 勝手にロックンロール