東京天竺とは、文化学院小説ゼミの有志で始めた同人誌。小説やエッセイ、漫画などを掲載。詳しくはカテゴリ『東京天竺1号』『東京天竺2号』ご覧下さい。


by tokyo_tenjiku

<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 こんにちは、誕生日に女の子の友人からエロ本をもらったことがある高橋です。
 その、エロ本、プレゼントだから捨てるわけにもいかないし、かといって堂々と部屋においとくわけにもいかないし、適当な場所に隠しておいたら、その場所がホントに適当すぎてどこに隠したか忘れました。
 いつか模様替えしたときに急に出てきたらどーしよう。
 女性の皆さん! プレゼントにエロ本は控えましょう!
 男性の皆さん! 女の子を理解するのはあきらめましょう!
 やー。
 
 今日はきっとどこかで誰かが生まれた日です。おめでとうございます。そしてその誰かが数十年後に僕と出会ったりするかもしれない、そんな奇跡みたいな日に更新しました。あるいは明日も、昨日も、三年前も、地球が丁度切りのいい数だけ回った日でも、実は、特別な日とかないんです、ほんとうは。
 誕生日とか、クリスマスとか独立記念日とか、銀婚式とか、それはそれで素晴らしいことですが、大事なのは祝うことではなく、想うことです。でも人間、そういうことはやっぱり忘れます。しょうがない。忘れるものです。忘れてしまうから、人はわざと終戦記念日とかを作るわけです。むしろ毎日奇跡だ! と天を仰ぐ人なんていないけど(笑)。でも人は同時に、思い出すことができます。
 僕はたまに音楽をきいて思い出します。そういえば今日生きているのは偶然なんだ。
 しまった! 実は今日は今日だけだった! って。
 次に載せる小説はそんなことが思い出されて、書いた小説です。

 てなことをもとより載せるつもりだったらば、そーいえばたかださん昨日誕生日だったかぁ。おめでとう。

More
[PR]
by tokyo_tenjiku | 2009-09-30 16:37 | 勝手にロックンロール
みなさん、こんばんは。

本日誕生日を迎えたたかだです。
もう2、3日前から限りなく透明に近いブルーですよ。
誕生日、当日、まず私今日学校ないんですよ。授業をとっていなくて。
それはもう、本当だいぶ前に自分の誕生日の曜日を確認して、
まずいなぁと。だって、学校が唯一自分を認知してくれる人に会える場なのに、
その日に学校ないって…。

誕生日のいい記憶って、小さい頃くらいしかないんじゃないですか。
そうでもないですか、私だけですか。小学生や幼稚園の時は誕生パーティーやってもうあれだよね、お姫様気分よね。成長してやってくれなんて言えないでしょう。
去年は祝ってもらったけど、大喧嘩をするっていう。あんまよくないよね、そういうの。私もそう思うわ。仕方ないよね、去年までの私やっと成人した訳だから。こんな言い訳ももうできないのね…。

さっき自分で自分のバースデーケーキ買ってきた。
最初、本当にバースデーって感じのショートケイクスを思い切って購入して、
さらにバースデー用のチョコに「わかこちゃんへ」って入れてもらおうと思ったけど、
やめた。季節のロールケーキにしました。しかし、なんで祝いのケーキっつうもんは高いのかね。

あ、話それた。

お知らせです。

東京天竺、12月6日の文学フリマに出ます!!!

今の所、分かっているのは以下の通りです。

第九回文学フリマ
12月6日(日) 
会場 大田区産業プラザPiO
時間開場11:00〜終了16:00(予定)


詳しくは、文学フリマ公式サイトで!!


そういえば、家族以外に直接会っておめでとうって言われてないな。
そういえば、今日ずっとひとりで行動してたな。

あ、あれ…画面が滲んでよく見えないや


(。´Д⊂) ウワァァァン!
[PR]
by tokyo_tenjiku | 2009-09-29 19:21 | お知らせ

ブルボン小林フェア

みなさん、こんにちわ。卒業制作が終わらず食欲が止まらないたかだです。

さて、ジュンク堂新宿店7Fにてブルボン小林フェアが開催中です!!

そちらの会場にて、東京天竺1号が再び販売しております。
どうぞ、お手に取ってお確かめください!!

近々、店内の様子をアップしやす。

フェアの様子は、こちら
からどうぞ!!

明日も更新しまーす。
[PR]
by tokyo_tenjiku | 2009-09-28 10:00 | お知らせ
 第十回です!
 あ、このコーナーの話です。なんだかたまに、こんなもの小説と言えるかな、とクオリティを気にしたりもするのですが、量も表現になる、ということで誰かに止められない限りブレーキの壊れた自転車のように突っ走っていきたいと思います。壁にぶつかったって、タイヤがパンクしたって猛然と走るぜ。目指せ! 百回!
 東京天竺第二号への準備は、全体像が見えてきたかな? という感じです。あなたが二号を手にするのもそう遠くない!
 その編集部の一員として、私もこのブログを頑張っているわけです。
 さて皆さん、全く関係ない話しますが人生時計という言葉をご存知? 僕はたまたま見たテレビで知りました。人生を一日と考えるものです。自分の人生を3で割った数字が貴方の今の時間です。
 僕は24歳なので、8時ということになります。ようやく目が覚めたか、あるいは鳴り止まない目覚まし時計を破壊して二度寝をしようとしているか。どちらにしろ、僕はまだ何も始まっていない、ということ。
 焦ることはないんですね。これから、全部これからっつーことです。素敵な考え方の気がします。
 貴方は何時?
 何時であっても、やれることはきっと、たくさんありますよ。
 あ、申し送れました。高橋です。そしてmoreをクリックすると、目が覚めたばかりの高橋小説が読めたりします。

More
[PR]
by tokyo_tenjiku | 2009-09-16 13:55 | 勝手にロックンロール

生まれて初めてしゃべった言葉は「海賊王に俺はなる! という漫画を俺は読む!」です。はい。普通に嘘です。高橋です。
少し前に生まれて初めて女性誌を買いました。特に理由もなく、なんとなく。男性誌とはやっぱり違いましたね。女の子たちは、自分が可愛い、お洒落、と思うものを選ぶのかな。今可愛い女の子たちはこれを着てる! みたいな。そこに、あんまり男性から見られることを気にする面がない。例えば男の子が喜ぶ服装、という感じでは載っていない。女性は常に、“男を気にしていない”感じがする。せいぜい気にするのは好きな男子からの視点だけ、かな。不思議だ。女子。
男の子が鬼ごっこや砂団子を作っていた頃、女の子同士って何をしていたんでしょう。男の子がサッカーやバスケ、ミニ四駆とかカードゲームにいそしんでいた頃女の子たちは何に夢中だったのでしょう? 男子たちがようやく女の子を意識し始めた頃、大人びた女子たちは何を見ていたのでしょう?
僕は一生女の子にはなれない。けれど女の子の気持ちを考えたとき、少しだけ大人になれていたらいいな。女の子視点の小説を書くときは、モテない男子と、読んだ女子に悟られないように、恐る恐る怖がりながら書いています。たぶんそういう意識はいらないのですけどね。
今回の小説は、女の子の友情か憧れか、そういったことを想像して歌に重ねて書きました……さて、どうでしょう?

More
[PR]
by tokyo_tenjiku | 2009-09-02 22:15 | 勝手にロックンロール