東京天竺とは、文化学院小説ゼミの有志で始めた同人誌。小説やエッセイ、漫画などを掲載。詳しくはカテゴリ『東京天竺1号』『東京天竺2号』ご覧下さい。


by tokyo_tenjiku

<   2010年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

勝手ロック NO.24(甲)

「確信できない」

 こんにちは。今日もまた、書店に置かせてもらうよう、営業しておりました。近いうち、新たな販売店告知できるかと思います。
 
 さて、僕はたまにこんなことを思います。
 100個あるビルの内、1個だけ、
 僕にだけ見えているビルがあるかもしれない、と。
 けれど残りの99個はみんなに見えているから、
「あのビルは見える?」と信頼できる人に尋ねても、
 うん、と答えるし
「じゃあ、あのビルは?」と訊いても、また、
 うん、と返ってきて、なかなか、僕だけの1個に当たらない。
 当たり前のことを訊くなよ、と怒られる。みんな、どのビルも見えるとおりに、存在していると確信している。 
 でも本当に?
 
 もしかしたら1000個はみんなに見えるものだけど、
 1個だけ、違うかもしれないじゃないか。

 バイト先で、なにかと“確信している”男の子がいます。
「あと8分で今日の仕事は終わりだー」とレジの時計を見ながら呟くとその子は誇らしげに自分の腕時計を見ながら「正確には9分12秒です」と言う。生意気な僕は「そっち(彼の腕時計)のほうが狂ってるのかもよ」とガブッとかみついてみる。すると彼はさらに誇らしげに、(ついでにちょっとムッとした声で)「私の時計は電波時計ですから絶対間違ってません!」だってさ。
 
 本当に? 本当に狂うことはないのかい?
「だって電波時計ですよ」
 だから!
 なんで電波時計は絶対に狂わないの? と思う。わかんないじゃんか。電波時計の仕組みなんてわかんないけど、狂わないなんてわかんないじゃないか。
 わかんないのがわかんないって彼は言うけど、
 わかんないのがわかんない、のがわかんないよ!
 と思ったのです。

 僕は確信することが、嫌いなんだと思います。
 みんな、わからないから、みんな、楽しいんだ! と、思う。ます。 

 実は貴方がいつも見ているあの建物も、もしかしたら、貴方にしか見えていない、不思議なビルかもしれない。誰かに確かめてみると、いいかも。
 でも、確かめた相手が「ある」っていっても、その人と貴方にだけ見えるのかもしれない。結局確かめることはできなくて、ずっと世界は、わかんないまま、なんですけど。
 僕だけですか? 変? 絶対に狂わない時計なんて、なんだか、つまらないですよー。

 次回はSUPERCARの楽曲を小説にしまーす。

なお、引き続きお買い上げいただいた方からtokyo_tenjiku@excite.co.jpへのご連絡をお待ちしております。こちらをご覧下さい。

[PR]
by tokyo_tenjiku | 2010-03-31 19:39 | 勝手にロックンロール
『君を切らせてね』伊藤未樹

More
[PR]
by tokyo_tenjiku | 2010-03-26 13:40 | 突撃!隣のフェティシズム

勝手ロック No.23(乙)

「クロロクルオリン」

 人間の血が赤いのはヘモグロビンという血液色素が赤いためだ。鉄を含むヘムとタンパク質のグロビン酸が四分子ずつ結合した色素たんぱく質で、濃くどす黒い赤色をしているのだが、酸素と結合することによって鮮やかな、誰もが知っているあの色になる。また、軟体動物や甲殻類に多く見られる青い血はへモシアニンという血液色素が関係している。ヘモシアニンは酸素を離すと無色になる。
 というようなことを生物で習ったとき、呪われた僕の血液もいっそのこと、緑色とかだったらいいのに、と思った記憶がある。
 僕の血液も当たり前のように赤い。だけど他のみんなとはどこか違う血が流れている。分子構造から考えて、この血ならば父のようにはならないということがわかればどれだけいいか。あれほど嫌いだった父に、「どんどん似てきている」と母は毎日のようにいってくる。

 子供の頃から母は父の悪口しかいわなかった。
「結婚しなければよかった」というのが口癖だった。
 父は冷血な人で、いつも何かにつけて母や僕を殴った。些細なことでも反抗することを許さなかった。「わかったか?」との問に少しでも答えあぐねると僕は冷たいベランダに放り出された。鍵を閉められ、ガラス窓越しに父はいう。
「いったことが理解できるまで正座をしていろ」
 ベランダから部屋の中に向かってどれだけ謝ろうとも、理解できたかどうかはいつも父が勝手に決めていた。アスファルトと変わらない場所に素足で正座させられていたので傷や痣はいくつもできた。冬の夜には凍傷になり、夏には虫が寄ってきた。

 同じ血が流れている限り、僕もまた生まれ来る子供を傷つけるのではないか、と自分の血を恐れている。いつも父に逆らう術を探している。いつも父のようにはならないようにともがいている。父を憎んでいる。
「あんたの父さん、死んだみたい」
 それなのに、不思議なことに、父のことで思い出すのは、いつも思い出すのは、お前は何になりたいんだと訊かれ、恐る恐る「画家になりたい」と答えたとき、父がした大笑いだ。僕の言葉で、産まれて初めて父が見せた喜んだ顔、あの瞬間の全て。
「俺は表現する人間が大好きなんだ」といった、あのときの父の顔。
 父の体温。
 服装。
 あの時一緒に食べたご飯。
 ぽんぽんっと撫でてくれたあの大きな手。
 僕の小さな世界が初めて成り立った瞬間。
 僕はただ、もう一度欲しいだけだった。産んで良かったと、いってほしいだけだった。
「そう、あんなのでも、死んだら悲しいんだ」
 悲しい?
「だって、あんた……」
 わからない。思い出そうとすると、忘れたことが。あのときの肯定が僕を支配する。
 思い出すのはいつも、1995年の、あの顔。

  
 なお、引き続きお買い上げいただいた方からtokyo_tenjiku@excite.co.jpへのご連絡をお待ちしております。こちらをご覧下さい。
[PR]
by tokyo_tenjiku | 2010-03-24 19:40 | 勝手にロックンロール

勝手ロック NO,23(甲)

「英語でしゃべれナイト、って英語でしゃべれない」

 無意味に表記をリニューアルしました。高橋です。

 僕は英語がしゃべれない。わからない。
 新宿の書店では意外と必要に迫られる。
 僕が恐ろしく馬鹿なのは様々な言葉の綻びからすでに露呈しているだろうけども、わざわざ日本にきた外国人からすらも“やっぱりしゃべれないか、馬鹿っぽいもんなぁ”と落胆されるのが納得いかない。

 僕の「馬鹿さ」が海を渡ってしまった!

 普通に悔しい。僕が歴史や地理がわからないのは納得できる。なぜなら勉強した記憶がないからだ。本当にね、もうはっきりとわからないことがわかってる(納得していいのか!)。
 しかし英語は……勉強したのだ。小学生の頃から近所のおばさんに教わっていた。浪人中もひたすら英単語や熟語、文法、構文を覚えた記憶がある。何故か全くもって今に生きていない。文法どころか文房具という英単語一つ思い出せないのだ(文房具=stationery)。
 一度、外国人の方が本の価格が表示されているものどおりでないのは何故か、というようなことを身振り手振り織り交ぜながら訊いてきた。
「表示価格は税抜き価格でして、えっとこちらは税込価格なので……(言えるはずなし)、えー、あー、タックス、あー、ザブックダズノットインクルーディング……あー……」と口ごもる。

 僕の馬鹿が、その度に海を越える。

 ……いかんね。非常にいかん。なぜならば僕が目指している文学の世界は常に海を越える可能性を秘めているからだ。

 僕が手にする海外の古典文学も、翻訳という素晴らしい手段によって海を越えてきたもので。世界にある色とりどりの言葉、文学が翻訳によって海の壁を乗り越えて、僕の本棚にやってくる。

 それなのに僕自身の言葉が、
 いつまでもいつまでも日本にいるままでは、
 やはりいかん気がする。
 ……勉強することの意味を今更知る。僕は、歴史も地理も生物も物理も、他のあらゆる学問を、常識を、勉強しなきゃならない。

 鎖国の意味もよくわからずに鎖国していてどうするんだ、高橋!
 そんなふうにして、僕はまた自分を恥じるのだった。

 来週はSuiseinoNoboAzの楽曲を小説にしまーす。

 なお、引き続きお買い上げいただいた方からtokyo_tenjiku@excite.co.jpへのご連絡をお待ちしております。こちらをご覧下さい。
[PR]
by tokyo_tenjiku | 2010-03-17 15:17 | 勝手にロックンロール

書店販売情報

書店販売情報です。

現在、立川オリオン書房ノルテ店のみ書店販売していましたが、
新宿ジュンク堂7F棚23のミニコミ誌コーナーでも東京天竺2号を販売しております。
東京天竺だけでなく、様々な自主制作誌をご覧頂けますので、
時間があっちゅう間に過ぎる事必須。
お越しの際はぜひご覧下さい。

e0155266_17501321.jpg


e0155266_17511684.jpg

棚の下段の方にあります。

さらに、東京堂書店でも東京天竺2号がお買い求めいただけます(※今週末から)

という訳で、現在、以下の書店にて販売しております。

立川オリオン書房ノルテ店
新宿ジュンク堂7F
東京堂書店(今週末から)

お値段は、840円(税込み)になっておりますので、ご注意ください。

また、引き続き通信販売も行なっておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
お買い上げいただいた方からtokyo_tenjiku@excite.co.jpへのご連絡をお待ちしております。こちらをご覧下さい。
[PR]
by tokyo_tenjiku | 2010-03-16 18:08 | 東京天竺2号
『不治の愉楽』 大坪覚

More
[PR]
by tokyo_tenjiku | 2010-03-12 13:15 | 突撃!隣のフェティシズム
「オオカミ青年」

 嘘をつくのが上手い人はつまり話を作ることに長けているのだ、と普段決して人を褒めない叔父から思いもよらない評価を受け、僕は嬉しくて調子に乗り嘘をつきまくった。数少ない賞賛にすがるように大人になった今も相変わらず嘘をつき続けている。
 僕の生い立ちや性質がとうとう身体の外にまで滲み出てしまったからなのか、たまたまなのか。
「嘘つくバイトやんない?」
 奇妙な勧誘は唐突に始まった。
 ホストのような格好をした、見るからに胡散臭い茶髪の男が横断歩道で声をかけてきたのだ。
「すいません、今働いている所が掛け持ち禁止なんです」と嘘をついて男と目を合わせないように努めたのだが、男はにやにやと僕の顔を覗き込むように立ちはだかり嬉しそうにいう。
「今嘘ついたっしょ? 嘘ついたっしょ?」
 思わず、顔を逸らし舌打ちをした。唐突に男は、長くごつごつした財布を僕の尻ポケットに無理やり突っ込んだ。彼はそのまま馴れ馴れしく僕の肩に腕をまわし余った手で腹をくすぐる。嫌悪感からぶん殴ってやろうと睨む。男は依然にやにやした表情のまま説明を続ける。
「嘘、一回につき千円。ちょう楽でしょ? あんた絶対コレ天職だからやれよ」
 馬鹿と口をきいても仕方ない。黙っていると男は絡めていた腕を離し僕の背中を叩いた。
「財布持ってるだけでいいから。気づくと財布に金が入ってる。じゃ、あとよろしくちゃん! 一応条件として、嘘は誰かに吐かないとダメ。あと、嘘じゃなくて本当のこというと逆にマイナス千円。じゃあ、気をつけてねー」
 男の背中を見つめながら、春はいかれた人間が増えるというし、と自分を納得させる。
 尻に無理やり入れられた財布を引っこ抜く。一応中を確認するがお金どころか何も入っていない。信号がようやく青になったので歩きだすついでに、地面に捨てた。
 ボトンッという音が聞こえたかと思うと「財布落ったで!」とおっさん特有の大声で呼び止められる。
「え、いや、僕知りません」
 知らんぷりを決め込もうとかぶりを振った。さっさとその場をあとにしようとするとおっさんは僕の肩を掴んで呼び止める。
「何いうてまんねん、目の前でみたがな」
 おせっかいなおっさんは、僕があからさまに迷惑だ、という顔をすると、眉間に皺を寄せぶつくさと不平を言いながら財布を開く。
「銭はいっとるやん! 粗末にしたらアカンて!」
「え?」
 おっさんは口角を上げられるだけあげて笑うと、ハリセンのようにごつい財布でぼくの頭を叩き、そのまま投げつけてきた。確かにさっきは入っていなかった。落とされた財布の中身をもう一度確かめると千円札が入っていた。
 ――僕知りません―― 本当にあんなので、嘘がカウントされたのだろうか。
 気味悪く思うものの、試してみても僕に損はない。
 僕はそれからいくつかの嘘で数人を騙してみた。

 (続きはMore)

More
[PR]
by tokyo_tenjiku | 2010-03-10 17:26 | 勝手にロックンロール
 第二十二回 勝手にロックンロール(甲)
「これからは」

 こんばんわんにゃんばー。高橋です。
またか、とも思うのだけど今回から、また少し連載方法を変えようかと思います。独断ですが。
 これまでの書き方だと、前置きが長いため、読み手が、僕自身が思うことに使う言葉と、僕の小説にある言葉とに隔たりを持たずに読んでしまう恐れがありました。そのことに気づきながらも、強引に続けたわけですが、やっぱりよろしくないので、
 僕の話 
 と
 僕の小説 とで、
 ちゃんと、区切ることにしました。
 掲載日を分けます。隔週連載のシステムを都合よく利用し、今日は僕の“思ったこと”だけを、ま、つまりブログ部分だけを書くわけです。次の週は僕の“小説”だけを載せます。
 僕の思った出来事は第一、第三水曜に。甲、として掲載。
 僕の小説は第二、第四水曜に。乙、として掲載。
 どちらも1200字(文字数のみのカウント)に収めます。
 全ては読みやすく、楽しめるように。なのです。
 一ヶ月が五週あるときもあるから、入れ替わったりするだろうけど、そんな感じで掲載を続けます。よろしくお願い致します。
 それと小説において、ミュージシャンの思いいれも、もう語りません。歌手名だけ、(甲の週に)来週の課題曲、というふうに最後に載せます。そのミュージシャンのどの曲かも秘密にします。
 さて、そんなわけで、今日は
 僕の思うこと
 の週です。しかし残念ながらもう少ししか、書けません。今回は上記の報告だけになりそうだ。

 とりあえずこの報告で、 「思ったこと」を。
 僕の思うこと、感じたこと、見たもの、読んだもの、他のあらゆること、もの、について
「僕自身の言葉」として言語化することと、
「僕の小説」として言語化すること、
 その二つとの距離が離れれば離れるほど、表現が巧みになるのではないか、
 と思います。おわり。

 目標は僕が書いたことなのに、僕がそこにいない小説です(いないわけはないし、いないといけないのだけど、目標を言語化するとそうなってしまった。上手くいえない)。
 がんばります。
 ではまた。
 来週
 3月10日はクリープハイプの楽曲を小説にします。お暇なときにチェックしてください。
 なお、引き続きお買い上げいただいた方からtokyo_tenjiku@excite.co.jpへのご連絡をお待ちしております。こちらをご覧下さい。
[PR]
by tokyo_tenjiku | 2010-03-03 22:05 | 勝手にロックンロール

オリオン書房偵察

どうもどうも。こども店長よりかつお武士が好きな高田です。
こども店長の顔立ちは石田純一に似ていると思いませんか。
今度注目してみて下さい。

さて、オリオン書房に行ってまいりました。

みなさんに一体どこに東京天竺があるのか、写真を交えてご案内したいと思います。

まず、立川駅北口を出て、アーケードを通って伊勢丹を過ぎ、高島屋が見える所までに行くと、HMVなんかが入っているビルに出会います。そこの3階にオリオン書房ノルテ店があります。

HMVのすぐ前のエスカレーターをあがると、新刊コーナーが目の前に。
その上方にF 文芸というコーナー。そちらの文芸評論の棚の、
e0155266_1335359.jpg
他の同人誌や本と一緒に置かれています。
e0155266_1341995.jpg
この右端にあるのが東京天竺2号。
e0155266_1345189.jpg


さあ、これで予習はバッチリ。お近くの方はぜひ一度行ってみてください。
とても行けそうにない・・・という方は、通信販売を受け付けておりますので、ぜひ下記のメールアドレスにご連絡下さい!

なお、引き続きお買い上げいただいた方からtokyo_tenjiku@excite.co.jpへのご連絡をお待ちしております。こちらをご覧下さい。
[PR]
by tokyo_tenjiku | 2010-03-02 13:16 | お知らせ